ユーザビリティとはどんな意味を指す

利用する人が利用しやすい環境を提供するという意味で使用されている言葉にユーザビリティがあります。
どんな魅力的なサービスやシステムでも使い勝手や使いやすさの面で不便があると、利用してくれる人も少なくなります。
この使い勝手や使いやすさの面は大企業では常に取り入れており、利用するお客様の立場になって考える対応をしているのです。

また、ユーザビリティにそって物作りやサービスの提供を行う事で、利用者からの評判も良くなり、ネット上の口コミもいいことばかり記載されます。
つまり、利用者に人気のサービスの提供や物作りを提供できるので、企業としても業績を上げるために活用する事が出来るのです。
そして、ユーザビリティに拘ると物やサービスの質も上げることが出来るので、最高の形で提供する事が出来ます。

商売の世界ではユーザビリティという考えが一般的になっているので、どこの企業でも概念の中に取り入れています。
そこで、使い勝手や使いやすさの面はどのようにして確認するかという事になるのですが、モニタや社員に実際に使用してもらって意見をもらう形がとられているのです。
主婦に特化した物なら、主婦をモニタとして試してもらったり、高齢者を対象とした物なら、高齢者にモニターとして試してもらうなど、対象にした環境をもとに試しています。
より確実な使い勝手や使いやすさの面を対応するには、実際に使用してもらうという対応が重要となっています。


[特選サイト]
PCやスマートフォンのユーザビリティを改善できるEFOサービスを提供しているサイトです →→→ EFO

Copyright © 2014 ユーザビリティで機能性を上げる All Rights Reserved.